にんにく

にんにく

にんにくは、かねてからスタミナアップ効果があるということで、普段の食事でも使われることが多いですよね。
最近では、消化器系のがんを抑制する効果があるということで話題にもなりました。
元々、生活習慣病やコレステロール値の低下などの効果があることが分かっており、病気の予防どころか治療効果があると言ってもいいですね。
にんにくに含まれるアリシンなどの硫化アリル類、スコルジニンなどの硫黄化合物は ビタミンB1をサポートして代謝を向上させることから疲労回復・体力増強から代謝アップ や精神安定効果があることが分かっています。また、血行不良にも効果があるのです。

 

病気の予防・改善は男性不妊と関係があるの?と思われがちですが、身体が健康だからこそ性欲そのものも起きるものですし、勃起もするのです。
生活習慣病というと、中年以降のやや肥満型の男性を連想させますが、このような男性は男性不妊であることが多いようです。
肥満のタイプは精液に問題があることが多いようです。これは、肥満度が上がれば上がる程その傾向が強いと言えます。
ですから、男性不妊の治療で肥満度の高い男性は痩せるように言われるそうです。
にんにくは、男性不妊を含む病気の予防と改善効果がある!と言ってもよさそうです。